APPS ビタミンC 化粧品 化粧水 女性
 
LOTION 1.25 120mL(約一ヶ月半分)配合成分 アプレシエ【超高浸透ビタミンC誘導体APPS】:1.25%:原料原価¥975/本 和ism<ウメ>【主成分:ウメ果実エキス】:2.0%:原料原価¥57/本 MYRAMAZE【主成分:ミロタムヌスフラベリフォリア葉/茎エキス】:1.0%:原料原価¥97/本
 

APPS(アプレシエ) 1.25% 配合の美容化粧水。約1ヶ月半分120mlで驚きのコスパ!『LOTION 1.25』

アプレシエ APPS ビタミンC誘導体 化粧品 化粧水

化粧水が美容効果をしっかりと出すために重要なことは何でしょう?

いろいろな種類の成分が入っていることでしょうか?
使った感触がいいことでしょうか?

どちらも違いますよね。

化粧水の美容効果は、配合されている成分の『種類』『配合量』で決まります。

むやみに美容成分の数を増やしても、それぞれの成分が微量にしか入っていなければ美容効果は期待できません。それに、有名な成分だけど実は肌に塗ってもあまり意味がない、という成分もあります。

だけど、美容成分の配合量がオープンになっている化粧水はあまりありませんし、誰もがみんな化粧品の成分に詳しいわけでもありません。

残念ながら“化粧水の美容効果”は、とてもわかりにくいのです。

だから、LABORATORY No.7が『わかる』化粧水をつくりました。

数ある化粧品の成分の中から厳選した成分を、データに基づいた適切な量で配合。
「こんな化粧水があったらいい」という理想を求め、コストは後回しで効果だけを追求しています。



アプレシエ【超高浸透ビタミンC誘導体APPS】:1.25%
和ism<ウメ>【主成分:ウメ果実エキス】:2.0%
MYRAMAZE【主成分:ミロタムヌスフラベリフォリア葉/茎エキス】:1.0%


APPSはビタミンC誘導体の中で最も肌への浸透性がすぐれていて、さらに様々な美容効果を持っている成分です。
メラニン色素ができるのを抑え、シミができるのを防ぎます。また、ビタミンC系成分の特徴ですが、還元作用により、できてしまったメラニン色素を消去する作用があります。
そのほか、コラーゲンがつくられるのを助け、同時にコラーゲンが分解されるのを防ぐことによって、シワを防ぎ、肌に若々しいハリを与えます。加えて、抗酸化効果によるエイジング効果も有しています。

もっと詳しく知りたい方はこちら(外部リンク)
⇒ Column:超浸透型ビタミンC誘導体APPSの効果

ウメ果実エキスは『抗糖化作用』を持つ美容成分で、その独特の効果から有名な高級化粧品にこっそりと使われている成分です。
年齢につれて顔色が黄ばんで暗くなっていくのは、肌の『糖化』という現象が原因ですが、これはまだあまり知られていない上に、メラニン色素に作用する美白系成分では対応できません。
『美白』と言いますが、シミやソバカスばかりに注目していては足りないのです。APPSなどでシミ・ソバカス対策をしながら、ウメ果実エキスで顔全体の色を明るくする。
これが白く美しい肌を保つための、新しい考え方です。

もっと詳しく知りたい方はこちら(外部リンク)
⇒ Column:美白化粧品があれば『美白』は万全?

MYRAMAZE(ミラマーゼ)は、水分がほとんどない砂漠に生育する「復活の木」と呼ばれる植物から抽出されたエキスです。肌の細胞膜を強くし、細胞自体を正常化することによって、ストレスのかかった肌をすみやかに修復する作用を持っています。
APPSやウメ果実エキスで美容効果を得るのも大切ですが、美容は健康な肌があってのうえで成り立つものなのです。


アプレシエ【超高浸透ビタミンC誘導体APPS】 化粧水

APPSとは「アスコルビン酸2-リン酸6-パルミチン酸ナトリウム」という物質で、ひとことで言えばビタミンC(アスコルビン酸)の誘導体です。

ビタミンCの欠点は「肌への浸透性が悪い」こと。この欠点を克服するために、いくつものビタミンC誘導体が開発されています。

関連コラム(外部リンク)
⇒ Column:ビタミンC化粧品、おすすめの選び方

その数あるビタミンC誘導体の中でも、最も肌の角層への浸透性がすぐれていて『超高浸透ビタミンC誘導体』と呼ばれているのが『APPS』です。しかも浸透性だけではなく『APPS』は様々な美容作用を持っているため、化粧品マニアの中でも有名な成分です。

ですがAPPSには、次のふたつの欠点があります。

1.非常に安定性が悪い(分解しやすい)

2.化粧品の原料としては非常に高価(LOTION 1.25には1本あたり975円分のAPPSが配合されています)

とても高価なのに分解しやすいのですから、化粧品に高濃度で配合するのには、ためらってしまう成分です。
ですが『LABORATORY No.7 LOTION 1.25』は、APPSの分解を抑える成分を独自の配合量で組み合わせて配合し、使用期限内はAPPSが有効な濃度に維持されるように考えてつくられています。


アプレシエ APPS ビタミンC誘導体 化粧水 コスパ

化粧品の種類にもよりますが、化粧品の原価率はおおよそ20%ほど。
10,000円の化粧品を買ったとき、原価はその20%、2,000円くらいです。

『LABORATORY No.7 LOTION 1.25』の原価は1,813円。原価率が20%だと販売価格が9,000円ほどの化粧水ということになりますが、実際の販売価格は税抜で2,900円、税込で送料を入れても4,000円もかかりません。

しかも、原価1,813円のうち、実に1,129円を美容成分の原価が占めています。

LABORATORY No.7 LOTION1.25のコストパフォーマンス
※LOTION 1.25と一般的な化粧品の価格構造の比較

APPSの配合量と約1ヶ月半分の120mlという容量から考えても、驚きのコスパです。さらに5%OFFの2本組もご用意しています。

関連コラム(外部リンク)
⇒ Column:化粧品の原価はどれくらい?

他のAPPS配合化粧品と比べていただきたい、圧倒的なコストパフォーマンス。Web限定商品として中間マージンなど無駄なコストを徹底的に省いたからこそ、実現できた価格です。

LABORATORY No.7でしか手に入らない美容化粧水を、ぜひ、あなたの肌でお試しください。


APPS アプレシエ ビタミンC誘導体 化粧水 商品詳細

 

LABORATORY No.7 LOTION 1.25 120mL
販売名:ナンバーセブンローション1.25
無香料・無着色 ※配合成分に色、匂いがあり、柑橘系の香りがします。
Made in Japan

 
LABORATORY No.7 LOTION 1.25 成分         
基剤
BG 保湿
グリセリン 保湿
ペンチレングリコール APPSの分解抑制、保湿、抗菌
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS) アプレシエ(APPS)
ウメ果実エキス 和ism<ウメ>
ミロタムヌスフラベリフォリア葉/茎エキス MYRAMAZE
1,2-ヘキサンジオール APPSの分解抑制、保湿、抗菌
PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン 浸透促進
プロパンジオール MYRAMAZEの基剤の一部
アルギニン pH調整(APPSの安定性向上)
テトラヒドロピペリン 浸透促進
クエン酸 pH調整(APPSの安定性向上)
クエン酸Na pH調整(APPSの安定性向上)
ペンテト酸5Na APPSの分解抑制
フェノキシエタノール 防腐
オレンジ油 APPSによる発泡の防止
 
 

APPS 1.25% 配合の美容化粧水。約1ヶ月半分120mlで驚きのコスパ!『LOTION 1.25』

価格: ¥2,900 (税込 ¥3,132)
[ポイント還元 31ポイント~]
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

新規会員登録

店長日記

よくあるご質問

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷のみ

モバイルサイト

ページトップへ