化粧品の「本当のところ」

化粧品の合成ポリマーやシリコーンとは?


合成ポリマーとは?

まず「ポリマー」というものですが、これは実は特定の成分を指しているのではありません。

ごくわかりやすくいうと「ポリマー」とは「たくさんくっついたもの」という意味で、ある物質がいくつも連なったものの総称です。

タンパク質はアミノ酸がたくさんつながったものなので「タンパク質はアミノ酸のポリマー」といえますし、デンプンはブドウ糖がたくさんつながったものなので「デンプンはブドウ糖のポリマー」といえます。

PETボトルのPETは「ポリエチレンテレフタレート」の略ですが、これはエチレンテレフタレートという物質がたくさんつながったもので、やはりポリマーす。

化粧品の成分をそういう目で見ると、コラーゲンもヒアルロン酸もポリマーです。


合成ポリマーとは読んで字の通り「合成」されたポリマーのことを指します。

ただ前段でお話しした通り、コラーゲンもヒアルロン酸も、お米に含まれているデンプンも、PETボトルも全部「ポリマー」ですから、「合成ポリマー」と一言でいってもあまりにも範囲は広く、一律に「合成ポリマーとは~」とその性質を語ることはできません。



 シリコーンとは?


ノンシリコーンのシャンプーで悪者として有名になってしまった「シリコーン」ですが、これもポリマーの一種です。

ただシリコーンもポリマーと同じように「ある形を持った物質」の総称なので、化粧品に使われるシリコーンにもさまざまな種類のものがあります。



 なぜ化粧品に合成ポリマーやシリコーンが使われるのか


合成ポリマーの中には、保湿性を高めたり肌を保護したりといった「肌に対する美容効果」があるために使われる成分もありますが、一般的に合成ポリマーやシリコーンは、次のように化粧品の使用感やテクスチャーをよくするために使われています。

・化粧水にとろみをつける
・口紅の伸びをよくする
・ファンデーションを崩れにくくする
・髪をサラサラにする

などなど…

また合成ポリマーやシリコーンは、物質としては比較的安定で(=物質の形が変化しにくいので使いやすい)、さらに化粧品の成分としては安価なため、スキンケア、メイク、ヘアケアと幅広くさまざまな化粧品に使われています。





ハムスターと新規会員登録。ポイントが貯まります

Q&A お問い合わせ 使い方や品質について

ハムスターとラボラトリーナンバーセブンのコラム

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷のみ

モバイルサイト

ページトップへ