薬剤師の化粧品論

化粧品 鉱物油とは


化粧品の鉱物油とは

化粧品において「鉱物油」とは、一般的に「石油由来のオイル」のことを指します。

化粧品で見かけるのは「鉱物油不使用」「鉱物油無添加」といった「使っていません」という表示がほとんどのため、肌に悪い成分のように思われがちですが、これはずっと昔に精製度の低い石油由来のオイルが肌トラブルの原因となったためで、精製技術が進んだ現在では、安定した品質のものが様々な化粧品に使用されています。



 化粧品 鉱物油 定義


実は化粧品において「鉱物油」という成分の公的な定義は存在しません。

狭く考えると「鉱物油」を直訳した「ミネラルオイル」という無色透明のオイルが鉱物油そのものということになりますが、広く考えると固形のワセリンや石油由来のワックス類も「液体ではない」というだけで「石油由来のオイルである」ということには変わりがありません。

化粧品会社により「ミネラルオイル」のみを「鉱物油」ということにしている会社もあれば「ワセリン」や、口紅の基剤(ベース)として使われる「マイクロクリスタリンワックス」や「ポリエチレンワックス」も「鉱物油」としている会社もあります。



ハムスターと新規会員登録。ポイントが貯まります

ハムスターとラボラトリーナンバーセブンのコラム

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷のみ

モバイルサイト

ページトップへ