化粧品の「本当のところ」

ファンデーション選びのポイント


ファンデーション選びのポイント

「色味がどう」とか「仕上がりがどう」ということの前段階として、ファンデーションを選ぶにあたっては、大きなポイントが3つあります。

それは次の3つです。

・ファンデーションの剤形

・紫外線カット(UVカット)効果

・オフのしやすさ

ファンデーションには様々なものがあり、選ぶのも一苦労ですが、自分がメイクをするときにどういったことを優先したいかを考えると、ファンデーションも選びやすくなってきます。

ではそれぞれのポイントについて、ひとつひとつ見ていきましょう。



 ファンデーションの「剤形」


様々な商品があり一概には言えませんが、一般的には、化粧下地を使わないならクリーム、リキッド、湿式のプレストタイプが仕上がりがいいでしょう。

化粧下地を使わないのであれば、水分や油分の入っているファンデーションのほうが仕上がり的には良い、ということです。

下地を使うのであればルースパウダーやプレストパウダー。

成分的に見るとパウダー状のファンデーションは肌に負担をかけにくいものが多いです。

うす付きのメイクでよくて、肌への負担も極力減らしたい、というのであれば、化粧下地なしでパウダーファンデーションを使用するのが最もいいかも知れません。



 紫外線カット(UVカット)


シミ、シワ、たるみの原因となる光老化から肌を守るためにベースメイクに紫外線カット効果を求めるのは、もはや優先事項ではなく必須事項だと考えてください。

化粧下地を使わない場合、もしくは化粧下地にUVカット効果がない場合は、UVカット効果のあるファンデーションを使った方がいいでしょう。

敏感肌の方や、できるだけマイルドな成分を使いたい、という方は紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)のものを選んだほうがいいでしょう。



 メイクオフのしやすさ

肌の乾燥がひどい、よく肌が荒れる、肌トラブルはないが、将来のことを考えて早くから肌をいたわりたい、という方は石鹸で落とせるファンデーションを選ぶのがおすすめです。

クレンジングで肌を過剰に脱脂してしまうことは、健康な肌をずっと維持し続けることに対してとても大きなリスクです。

ただし化粧下地も使う場合、化粧下地が石鹸で落とせないものだと結局クレンジングが必要になりますので、注意が必要です。



 ファンデーションの成分

ファンデーションの成分の考え方は、基本的には化粧下地と同じ考え方でかまいません。

ベースの成分にシリコーンや油性のポリマーが使われている場合、また、UVカット剤に紫外線吸収剤が使われている場合はクレンジングが必要となることが多いです。

タール色素が使われている場合も同様ですが、化粧下地と同じようにファンデーションにはあまり使われることはないので、あまり気にしなくてもよいでしょう。

それから、ファンデーションに入っている「美容成分」や「美容液成分」ですが、これらもあまり気にする必要はないでしょう。


「美容成分配合」と謳っていても、実際には単なる保湿成分を美容成分と言っているだけだったり、効果の出ないほんの微量しか入っていなかったりすることがあります。

また例えば「美容液成分80%」と書かれていても「美容液の成分」を入れているということで、そのうちの大半は「水」だったりと、広告にカラクリがあるケースもあります。

ですがこうしたことは外から商品を見てもわかりにくいので、メイク品はメイクをするものと割り切って、スキンケアはスキンケア化粧品に任せる、というのもひとつの考え方です。





コメントする

名前

URL

コメント


ハムスターと新規会員登録。ポイントが貯まります

Q&A お問い合わせ 使い方や品質について

ハムスターとラボラトリーナンバーセブンのコラム

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷のみ

モバイルサイト

ページトップへ