化粧品の「本当のところ」

化粧品のコラーゲンが肌に浸透しない理由


コラーゲンとは?

コラーゲンとは、からだのあちこちに存在するタンパク質で、人のからだのタンパク質のうち、30%ほどがコラーゲンだといわれています。

コラーゲンは肌の奥では、肌の弾力を保つという効果を持っています。

そのため「肌をプルプルにする」というイメージから、化粧品の美容成分の中ではNo.1ともいえる知名度を持っており、様々な化粧品に配合されています。

ですが実はこのコラーゲン、化粧品に配合して肌に塗っても、肌には浸透しません。



 コラーゲンが肌に浸透しない理由


なぜコラーゲンが肌に浸透しないかというと、コラーゲンが物質として大きすぎるからです。

物質には、その物質の大きさを表す「分子量」というものがありますが、人体のコラーゲンの分子量は30万くらいです。

化粧品に使われるコラーゲンは魚などから取れるコラーゲンを分解して小さくしたもので、分子量1,000~10,000くらいのものですが、実は肌に浸透できるのは分子量500くらいまでの小さな物質だけです。

ですから、化粧品にコラーゲンがいくら入っていても「コラーゲンで肌の奥からプルプル」という効果は得られないのです。

ちなみに、コラーゲンと並んで化粧品によく使われるヒアルロン酸の分子量は、数十万~百万のレベル。
コラーゲン同様、塗っても肌に浸透することはできないため、美容医療や整形外科の領域では、注射で直接、肌の奥に注入されます。

では、なぜコラーゲンやヒアルロン酸は化粧品に使われているのでしょうか?



 化粧品のコラーゲンの効果


肌に浸透しないコラーゲンやヒアルロン酸ですが、一方で水分をため込む効果=「保湿効果」を持っています。

これは肌に浸透しなくても、肌の表面で発揮できる効果なので、コラーゲンやヒアルロン酸が化粧品にとってムダな成分であるわけではありません。

ただ、肌の表面の保湿であれば、コラーゲンやヒアルロン酸でなくてよいのも事実。
コラーゲンやヒアルロン酸よりもすぐれた効果を持つ化粧品成分もいくつもあります。

ですから、コラーゲンやヒアルロン酸が入っているからといって「効果がある化粧品だ」と考えるのは、正しいこととは言えません。




ハムスターと新規会員登録。ポイントが貯まります

Q&A お問い合わせ 使い方や品質について

ハムスターとラボラトリーナンバーセブンのコラム

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷のみ

モバイルサイト

ページトップへ