薬剤師の化粧品論

化粧品 テクスチャーとは


化粧品のテクスチャーとは?

化粧品における「テクスチャー」もしくは「テクスチャ」という言葉。
デパートの美容部員さんに「こちらのクリームは○○なテクスチャーですね」なんて言われて耳にしたことがあるかも知れません。

この「テクスチャー」というのは、「さらっとしている」「とろっとしている」「伸びがいい」「軽い」といった化粧品の「質感」を指します。

イコール「使用感」と捉えていただいてもいいですが、化粧品をつくっている側からすると、「使用感」が化粧品を肌に塗ったときの「自分が感じる感触」であるのに比べて、「テクスチャー」は「化粧品そのものの性状」といったニュアンスがあります。

「この化粧水、使ったあとさっぱりする(自分が)」というのは「使用感」、「このクリーム、肌にのせたとき重いね(クリームが)」というは「テクスチャー」、という感じでしょうか。

ところで、この化粧品の「テクスチャー」や「使用感」について、知っておきたいことがひとつあります。



 化粧品のテクスチャー・使用感と効果の関係


化粧品の「テクスチャー」や「使用感」。
「使い心地がいいか悪いか」という点では化粧品の第一印象を大きく左右します。

ですが実は化粧品の「テクスチャー」「使用感」は、化粧品の「効果」と関係がありません。

メイク品においては「化粧下地の伸びがいい」「ファンデーションが軽い」といったテクスチャーの良さは非常に重要です。
しかし化粧水の「とろっとしている」とか「浸透している感じ」とか、クリームの「伸びがいい」「濃厚な感じ」といったテクスチャーや使用感は、実際に乾燥対策となるのか、しっかりと肌を保護できているか、シミやシワ対策の成分を肌に届けられてるか、といったことと、ほぼ関係がありません。

「使い心地がいいから」という理由で化粧品を選ぶことは、悪いことではありません。
使い心地がいいほうが毎日のスキンケアが楽しくなります。
ですが「使い心地がいい」ことと「美容効果がある」ことは別の話ですから、きちんと肌の状態を観察しながら化粧品を選ぶことが大切です。



ハムスターと新規会員登録。ポイントが貯まります

ハムスターとラボラトリーナンバーセブンのコラム

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷のみ

モバイルサイト

ページトップへ