Concepts

スキンケアに求めたい“本質”


スキンケアの本質 スキンケアの考え方 乾燥肌と化粧品


実は『化粧水が肌によく浸み込む』というのは、あまり良いことではありません。

子供の頃の、健康でピチピチした肌を思い出してください。

肌は水を弾いていたはずです。


「お風呂あがりに乾燥するのは年齢のせい」ではなく、肌の健康が損なわれているのです。


水分を保つ『肌のバリア機能』が弱っているのに、いくら肌を水やグリセリンで浸しても、肌にいいことはありません。

「たっぷりの化粧水で肌を浸すのがいい」などということはないのです。


LABORATORY No.7のスキンケア化粧品は「肌に水分を与える」とは別のアプローチで『乾燥肌』と『肌の健康』を考えています。




スキンケアの本質 化粧品の使用ステップ


使用しているあいだ品質をしっかりと保つため、化粧品には防腐剤のように、本来は肌につけなくてもいいものが入っています。

残念ながら、これらは化粧品が劣化して肌に悪影響を与えないようにするために、必要なものです。

ですが、スキンケアのステップを多くすればするほど、本来は塗りたくない防腐剤を、肌に重ね塗りすることになります。


ですのでLABORATORY No.7は、『美容成分を浸透させる』美容化粧水と、『バリア膜を張って肌を守る』美容ジェルの、シンプルな2ステップ。

防腐剤の量なども最低限に抑えるように考えられてつくられています。

また、オイルと界面活性剤を使用しないため、乳液やクリームは使いません。




スキンケアの本質 化粧品の使用感やテクスチャー


化粧品の『使用感』や『テクスチャー』は、実は『美容効果』と関係がありません。

使った感じがいいからといって「美容効果のある成分が、美容効果が出る量で配合されて」いなければ、やはり効果は出ないのです。


ですが、美容成分がごく微量しか入っていない低価格の化粧品でも、使用感をよくするために「しっとり感」や「とろみ感」を出すための成分を入れています。

でもそれらの成分は「効果感」や「高級感」を演出するだけで、化粧品を効きそうに見せているだけです。


LABORATORY No.7は『美容効果』には徹底的にこだわりますが『使用感』にはこだわりません。
美容成分を高配合をしたときに自然に生まれる特徴的な使用感、テクスチャーそのままにまかせています。



新規会員登録

店長日記

よくあるご質問

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷のみ

モバイルサイト


まちだの市PC

ページトップへ