店長日記

みんな大好き? コラーゲン Part2

コラーゲン

では、前回の続きですが、今回は、「コラーゲンは飲むとどうなるのか?」というお話です。

“コラーゲン鍋” なるものもあり、やはり肌に塗るときと同じように

「コラーゲンを食べると、お肌にコラーゲンが届いて肌プルプル」

というのがイメージかと思います。


では、実際にそうなるのかというと、“鍋” と “コラーゲンドリンク” でも違いがあるようで、一概には言えないようです。



コラーゲンはタンパク質です。

タンパク質とは、アミノ酸がたくさんつながったものですが、タンパク質はアミノ酸か、アミノ酸が数個つながったペプチドというものまで分解されなければ、からだに吸収されません。

なので、コラーゲンがそのままのかたちで肌に届いて肌をプルプルにする、ということはないのです。


では分解されるとどうか? です。


摂取されたコラーゲンは、酵素の働きで分解されていきます。

分解されてアミノ酸やペプチドになってしまうのだから、もはやコラーゲンの働きとは関係ない、という見解もあります。【否定派】


ただ最近、コラーゲン由来のペプチドを摂取すると、コラーゲンがからだで作られるのが活発化する、という研究結果が発表されたりしていて、コラーゲンペプチドは効果があるのではないか、という見解も出てきています。【肯定派】

でも逆に、もともとコラーゲンをペプチドまで細かくした “コラーゲンドリンク” ならともかく、分解されていないコラーゲンを摂ってもしっかり分解されず意味がない、という話もあります。【理論派】


要は、どこまで効果があるかよくわかっていないのです。


個人的には、それでもやっぱりコラーゲンが気になる人は、“コラーゲンドリンク” かな、と思っています。




コメントする

名前

URL

コメント


ハムスターと新規会員登録。ポイントが貯まります

ハムスターとラボラトリーナンバーセブンのコラム

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷のみ

モバイルサイト

ページトップへ